公認会計士甲田拓也事務所

事務所概要
公認会計士甲田拓也事務所について
全国対応可能!初回ご相談無料です。電話:03-6908-7295 お問い合わせはこちら

助成金支援サービス

現在こちらのサービスは、担当者が休暇中のため、一時的に提供をお休みしております。申し訳ございません。

助成金の秘密をご存じですか?御社にも助成金の受給チャンスはあります。

1.助成金は使い道自由な返済不要のお金

助成金は財政状態を
強固なものにこれは助成金最大の利点です。
雇用保険関連の助成金のほとんどが返済不要で、使い道を制限されることもありません。
(一部の助成金には使い道の報告義務があります)。

2.助成金はもらわなければ損!

雇用に係る助成金は、実は事業所が納める労働保険料の一部が財源となっています。
また、条件に合い、所定の手続きをすれば必ずもらえる公的なお金ですので、払うだけ払ってもらえるものをもらわないというのは損なのです。

3.助成金のもらえるタイミング

最近の人気の助成金は主に、創業関連、雇用関連などにもらうことができるものですが、そのもらえるタイミングは創業する前、雇用する前など限定されているものが多く、いつでももらえるとは限らないので注意が必要です。

無料で助成金診断を行っております。お気軽にお問い合わせください。

おすすめ助成金のご紹介

創業に関する助成金
・中小企業基盤人材助成金
会社設立時に従業員を雇用した際、1名あたり140万円が支給される
簡単に言ってしまえば「会社を新しく創業し、従業員を雇えば、従業員の給与の一部を負担してあげましょう」というものです。創業時に会社の中心となる優秀な人材や専門的な技術を持っている人材を雇う場合などに役立ちます。既に従業員を雇用してしまった後ではその従業員は対象になりませんので、設立後すぐに手続きに入らなければなりません。
なお、23年4月より、IT業界、運輸、環境・健康、医療に関する業種等に限定されました。
・受給資格者創業支援助成金
雇用保険に5年以上加入した方が創業した場合に最大200万円支給される助成金
5年以上雇用保険加入した方が、退職後、新しく会社を設立(個人事業含む)した場合に設立時に使用した経費の3分の1(上限あり)が支給される助成金です。すでに会社登記後であったり、個人事業開業後では対象にならないため、創業前に手続きしなければなりません。
雇用に関する助成金
image・中小企業子育て支援助成金
育児休業支援のための助成金で、1名あたり最大100万円が支給される助成金
会社内に産休に入る方、あるいは産休中の方がいる場合、最大100万円を5名まで受給できる可能性があります。お子さんの出生の日までに雇用保険に1年以上加入していることなどの条件があります。
・トライアル雇用奨励金
短期間試用的に雇用することにより、1名あたり月4万円が支給される助成金
ハローワークから紹介された対象者を3ヶ月の試用期間雇用し、その後の常用雇用へのきっかけを作るための助成金です。試用期間後、対象者を常用雇用できなかったとしても受給されます。
・派遣労働者雇用安定化特別奨励金
派遣労働者を直接雇用する場合に、1名あたり最大100万円が支給される助成金
6ヶ月を超える期間継続して労働者派遣を行う中小企業が、派遣期間が終了するまでにその派遣労働者を、無期又は6カ月以上の有期で直接雇用する場合に受給されます。
image・高年齢雇用開発特別奨励金
65才以上の方を1年以上継続して雇用する場合、最大90万円支給される助成金
ハローワーク等の紹介で、1週間の労働時間を20時間以上で雇用することが条件です。
・中小企業緊急雇用安定助成金
業績の悪化により従業員を休業させる場合の賃金保障に対する助成金
休業手当の80%相当額(上限7505円)が支給されます。教育訓練実施の場合は1日1人あたり上限6000円が上乗せされます。

セカンドオピニオン1ヶ月目ののご相談無料です。

お得な開業支援パック

在宅協力社員急募!!

Company Tank掲載記事 PDFが開きます。

ページトップに戻る