【レビュー】セゾンプラチナビジネスカード 利用者の口コミ・評判、特徴を紹介

, 個人事業主, 法人カード, 節税, 経費・勘定

【レビュー】セゾンプラチナビジネスカード 利用者の口コミ・評判、特徴を紹介

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、充実したビジネスサービスやプラチナ会員限定の特典など、経営者にとって魅力的なカードです。カードの特徴とメリット・デメリット、カードをおすすめできる人を解説します。

※2021年9月現在の情報です

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードとは

https://tk-kaikei-sr.jp/wp-content/uploads/saisoncard-platinumbusiness-1.jpg

個人で事業を運営している人なら、ビジネスをよりスムーズで快適なものにするために法人カードの所有をおすすめします。

多くのカード会社が法人カードを発行していますが、ここではセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードをチェックしましょう。

 

経営者向けビジネスカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、個人事業主や中小企業経営者に向けて発行されている法人カードです。

いわゆるプラチナランクのカードで、ビジネスサポート機能が豊富に付帯しています。カード保有者を秘書のようにサポートするコンシェルジュサービスなどの特典があり、忙しい経営者にとって強い味方になるでしょう。

 

セゾンカードとアメックスが提携発行

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、クレディセゾンとアメリカン・エキスプレスが提携して発行しているカードです。

法人カードには、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードとセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードの2種類あります。

セゾンプラチナ・ビジネスは年会費が高い分、ビジネスをサポートする特典やサービスが充実したカードです。一方、セゾンコバルトカードは、年会費を抑える代わりに付帯サービスがビジネス向けの特定のものに絞られています。

セゾンプラチナビジネスカードはコチラ

 

カードの基本情報

カードの基本情報

法人カードへの申し込みを検討しているのであれば、カードの基本情報を押さえ、他のカードとも比較することが大切です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードの年会費や入会資格、審査対象、利用限度額について解説します。

 

年会費

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードの年会費は、2万2000円(税込)です。キャッシングや年会費などを除いた年間のショッピング利用料金が200万円以上であれば、次年度の年会費は1万1000円(税込)になります。

さらに、18歳以上の社員か、生計を同じくする18歳以上の家族には、年会費3300円(税込)で追加カードの発行が複数枚可能です。

ETCの年会費は無料であり、1枚のクレジットカードで5枚まで発行できます。

 

入会資格・審査対象

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは法人用クレジットカードのため、入会資格は『安定収入のある学生・未成年者を除く個人事業主または経営者』に与えられています。

申し込む際に決算書や登記簿謄本の提出が不要のため、開業から間もないため事業の実績があまりないという人でも申し込み可能です。個人の信用情報が審査対象で、申込者の収入や資産状況などをもとに入会の可否を判断されると考えられます。

 

利用限度額

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、利用限度額を個人のニーズに合わせて設定するカードです。

クレジットカードの規定と申込者本人の信用情報を照らし合わせて利用限度額が決められます。審査内容によっては、希望通りの利用限度額にならない可能性もある点に注意しましょう。

通常より高額の支払いをする必要が発生した場合、一時的に利用可能額を引き上げることも可能です。こちらについても、利用可能額の引き上げが可能か審査が行われるため、必ずしも希望通りに増額できるとは限りません。

セゾンプラチナビジネスカードはコチラ

 

カードを所有するメリット

カードを所有するメリット

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードを所有していると、会員ならではのさまざまなサービスを享受できます。特にポイントの貯めやすさとマイル還元率、ビジネス向け付帯サービスの充実度に注目しましょう。

 

有効期限なし・永久不滅ポイントが貯まる

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードを利用すると、永久不滅ポイントが貯まります。その名の通り有効期限がなく、1000円利用するごとに1ポイント貯まるルールです。

クレジットカードのポイントの多くは期限を過ぎると消滅してしまいますが、永久不滅ポイントはその心配がありません。時間をかけてコツコツとポイントを貯め、セゾンのオンラインストアで商品と交換したり、買い物の支払いに充てたりできます。

 

JALマイルがの還元率が高い

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、JALマイルの還元率が高いクレジットカードです。JALをよく利用する人に適しています。

年会費無料の『SAISON MILE CLUB』に登録することで、1000円のショッピング利用につき10マイルが自動的に貯まるのです。さらに、2000円の利用ごとに永久不滅ポイントが1ポイント付与されます。

永久不滅ポイントはマイルに交換することも可能です。JALなら200ポイントを500マイルに、ANAなら200ポイントを600マイルに交換できます。

セゾンプラチナビジネスカードはコチラ

 

さまざまなビジネスサービスを利用できる

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、ビジネスをサポートする充実した付帯サービスが魅力です。

レストランやホテル、航空券、JR特急券の予約手配を行ったり、海外の渡航先情報の案内や予約を代行したりする『コンシェルジュ・サービス』は、24時間365日利用できます。

さらに、事務用品の購入や宅配便、レンタカーを優待価格で利用できる『ビジネス・アドバンテージ』や、『エックスサーバー』のレンタルサーバーを初期費用無料で使える優待サービスなど、ビジネスに役立つサービスをお得に利用可能です。

 

セゾンプラチナビジネスカードはコチラ

こんな人におすすめ

こんな人におすすめ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードを持つメリットを整理しました。それでも自分に合っているかどうか判断できない人もいるのではないでしょうか。どんな人が持つと有効活用できるのか、三つのケースを解説します。

 

有効期限を気にせずポイントを貯めたい

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、ポイントの有効期限を気にすることなく、ポイントをコツコツ貯めたい人に向いているカードです。

1000円につき1ポイント貯まる永久不滅ポイントには有効期限がないため、満足のいくポイント数まで焦ることなく貯められます。貯めたポイントが多いほど良い商品やサービスと交換できるため、貯める楽しみが生まれるでしょう。

有効期限があるポイントの場合、目標ポイント数を満たしていなくても、期限が迫ってくるとあわてて商品やサービスに交換しなければなりません。うっかりポイントの存在を忘れていて失効してしまうというケースもあるでしょう。

 

JAL、ワンワールドの航空会社をよく使う

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、SAISON MILE CLUBを利用することで、JALのマイルを効率よく貯められます。JALのほか、ワンワールドに加盟する航空会社を頻繁に利用するならおすすめです。

貯まったJALマイルは、JALやワンワールド加盟航空会社の国内線・国際線の航空券への交換もできます。カードを使って貯まったJALマイルを利用して、キャセイパシフィック航空に乗るという使い方も可能です。

 

国内外の飛行機出張が多い人

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、飛行機で国内外に出張する機会が多い人に適したカードです。

海外1300カ所以上にある空港ラウンジが利用できる『プライオリティ・パス』は、本来高額な年会費が必要です。しかし、このカードを持っている会員は無料で登録できます。

プライオリティ・パスに登録していなくても、国内の主要な空港ラウンジを利用可能です。

さらに、海外旅行中の事故は最高1億円まで、国内なら最高5000万円まで補償する旅行傷害保険も付帯しています。

セゾンプラチナビジネスカードはコチラ

個人事業主や中小企業経営者向きな理由

個人事業主や中小企業経営者向きな理由

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、個人事業主や中小企業経営者に適したカードです。審査や追加カードの発行、付帯サービスなどに着目してみましょう。

 

審査時に法人登記簿や決算書が不要

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードが個人事業主や中小企業経営者に向いている理由の一つに、法人登記簿や決算書の提出が不要という点が挙げられます。

法人カードは一般的に決算書や事業の状況をもとに審査されるため、登記簿や決算書は必須の書類です。しかし、このカードは申込者本人の信用情報をもとに審査されるので、提出の必要がありません。

特に、まだ創業したばかりで事業の実績がなく、決算書を提出できない個人事業主にとっては大きなメリットです。

 

追加カードを発行できる

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、9枚まで追加カードを発行できるというキャンペーンを実施しています。18歳以上の社員か、生計を共にする18歳以上の家族が申し込み可能です。

従業員用に追加カードを発行すれば、いつ・どこで・何のために・いくらお金を使ったのかが分かるため、経費管理に役立ちます。さらに、カードの優待を福利厚生として利用すれば、従業員の満足度も高まるでしょう。

追加カード1枚につき3300円(税込)の年会費がかかりますが、法人用クレジットカードの年会費は経費としての計上が可能です。

 

セゾンプラチナビジネスカードはコチラ

 

ポイントを効率的に貯められる

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードはポイント還元率が高く、ポイントを効率的に貯められます。

通常1000円のカード利用につき1ポイント付与される永久不滅ポイントは、カードを海外で使うと1000円ごとに2ポイント貯まるのです。これに加えて、前述の『SAISON MILE CLUB』に登録すると、2000円につき1ポイントが付与されます。

永久不滅ポイントの価値が1ポイントあたり約5円相当であることを考えると、ポイントを効率的に貯められる点は大きな魅力です。商品交換やマイルへの交換も、他社ポイントと比べて少ないポイント数で行えます。

 

ビジネスに有用なコンシェルジュサービス

事業運営で多忙な日々を送る経営者にとって、航空券やJRの予約、レストランや宿泊施設の手配などの事務作業は煩わしく、なかなか手が回りません。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードに付帯するコンシェルジュサービスはプラチナ会員限定であり、専任のスタッフが24時間365日応対します。まるで自分の秘書のように利用できる便利なサービスです。

自分1人の出張はもちろん、複数人での移動や宿泊など、手間のかかる内容で手配する際は特にありがたみを感じられるでしょう。

自分や従業員の出張・接待だけでなく、取引先への贈答品の手配なども柔軟に対応してくれます。

 

デメリットや注意点

デメリットや注意点

ビジネスに役立つ充実したサービスが付帯するセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードですが、デメリットや注意点があるのも事実です。内容を正しく把握し、他社カードと比較して自分に適しているか判断しましょう。

 

年会費が高め

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、他社の法人カードと比較しても年会費が高めです。

ランクが高く付帯サービスが多いプラチナカードではあるものの、法人用一般カードの中には年会費が数千円で収まるものもあります。

プラチナカードの持つステータスや付帯サービスをさほど求めていないという事業主にとっては、コストパフォーマンスが悪いと感じられる可能性もあるでしょう。

 

申し込み条件を満たす必要がある

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードを手に入れるためには、いくつかの条件を満たす必要があります。申し込むためには、20歳以上の個人事業主または経営者であることが必要です。

さらに、年会費や月々の利用料金を支払えるだけの安定した収入がある人物でなければ入会できません。審査の際には本人の収入や資産状況などを判断され、アメリカン・エキスプレスの基準を満たしていなければ審査に落ちることもあるのです。

特にプラチナカードはステータスの高いカードのため、審査基準となる収入の目安も高く設定されていると考えられます。

 

ポイント還元率は平均的

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、ポイント還元率のみに焦点を当てると、他社と比べても平均的な水準といえます。

国内でのショッピングで1,000円につき1ポイント、海外でのショッピングは1,000円につき2ポイントを獲得できます。1ポイント=約5円と考えると、還元率は国内利用で0.5%、海外利用で1%です。

他社のプラチナカードには、通常のポイント還元率が1.5%を超えるものもあります。セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、特別高いポイント還元率とは言い切れないでしょう。

とはいえ「SAISON MILE CLUB」に申し込めば、永久不滅ポイントがさらに2000円につき1ポイント貯まるうえ、JALマイルも自動で獲得できます。陸マイラーにはうれしいシステムです。

 

セゾンプラチナビジネスカードはコチラ

 

申し込み方法

申し込み方法

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードのメリット・デメリットを理解したうえで、自分の事業運営に適していると判断できたなら、早速申し込みを行いましょう。申し込みの手順を解説します。

 

申し込みの流れ

法人カードの主な申し込み方法には、インターネット経由、カウンターので申し込み、郵送での手続きの三つがあります。手軽に素早く申し込みたいなら、インターネットでの申し込みがおすすめです。

まずはクレディセゾンの公式サイトから申し込み画面に進み、必要情報の入力を行いましょう。手続きが完了したら、登録したメールに受付完了メールが届きます。審査結果もメールで送られるため、見落とさないようにしましょう。

また、人によっては申込内容の確認のため、自宅や携帯電話、職場に電話がかかってくることがあります。かかってきた電話には必ず出るようにしましょう。

カードが手元に届くのは申込後3日~1週間程度です。

 

必要書類

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードを申し込む際には、登記簿謄本や決算書は必要ありません。ただし、本人確認書類として運転免許証やパスポート、健康保険証、マイナンバーカードなどの準備が必要です。

また、引き落とし口座の登録のために、口座番号が分かるものも手元に用意しましょう。

 

セゾンプラチナビジネスカードはコチラ

 

セゾンプラチナビジネスカードを利用している方の口コミ・評判を紹介!

今回、クラウドソーシングで独自にアンケートをとりました。
実際に利用されている方の口コミや評判を参考に、発行を検討してみてください。

※アンケート実施時期:2021年7月

 

【30代 / 女性 / 個人事業主】

(1)セゾンプラチナビジネスカードを知ったきっかけや決めた理由を教えてください

ーー夫婦で、個人事業を営んでいるのですが、事業をしている中で、個人的に使った出費と仕事のための出費が混ざってしまうのが不便でした。インターネットで「個人事業主向けのビジネスカード」を検索してこちらのカード会社を知りました。実際にセゾンのホームページでカードの詳細を確認して決めました。

(2)セゾンプラチナビジネスカードは主にどんなことで利用していますか?

ーー取引先の会社に行く際の、交通費(飛行機、新幹線)・宿泊費・撮影機材の購入などに利用しています。また事務所の賃貸代の引き落としなど、必要経費の引き落としにも利用しています。

(3)セゾンプラチナビジネスカードのおすすめしたいところを教えてください

ーー[セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」の良いところは、株式会社を設立していない、フリーランスや個人事業主の方でも、ビジネスカードを作れることです。やはり私用と仕事用の経費を効率よく分けたい個人事業主におすすめのカードです。

 

【40代 / 男性 / 個人事業主】

(1)セゾンプラチナビジネスカードを知ったきっかけや決めた理由を教えてください

ーー同じクレジットカードならどこで使っても恥ずかしくないカードを使いたいと思っていて、それを友人に話して教えてもらったことで知りました。このカードの特典に魅力を感じてさらにカードのデザインの良さやステータスの面でも良いと思ったのでこのカードに決めました。

(2)セゾンプラチナビジネスカードは主にどんなことで利用していますか?

ーーホテルの宿泊の際に支払いの時に使ったり外食をする時に支払いで使ったりといった感じです。また、通販を利用する時にも使っています。

(3)セゾンプラチナビジネスカードのおすすめしたいところを教えてください

ーーこのカードが良いと思ったのは特典が充実していると感じた点です。レストランなどで優待を使ってお得に美味しい料理を食べる事ができるのが良いと思いました。

 

【40代 / 女性 / 個人事業主】

(1)セゾンプラチナビジネスカードを知ったきっかけや決めた理由を教えてください

ーーDMだったと思います。そこで「freee」と提携しているお得なカードであると知り、理解を深めるために、インターネットで調べました。会計ソフトで「freee」を使用していて、そこと連携していることが魅力的だったので、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」に決めました。

(2)セゾンプラチナビジネスカードは主にどんなことで利用していますか?

ーー税金も含めた事業経費の支払いに使用しています。会計freeeの利用料金の支払いも毎回こちらを使用しています。

(3)セゾンプラチナビジネスカードのおすすめしたいところを教えてください

ーー会計freeeの利用料金の割引クーポンや優待特典が受けられてお得なのが良いところで、おすすめしたいポイントです。

 

【40代 / 男性 / 個人事業主】

(1)セゾンプラチナビジネスカードを知ったきっかけや決めた理由を教えてください

ーー親しく取引させてもらっている個人事業主の人から「個人事業主でも審査がとおりやすいと思う」と言われ、紹介されたことがきっかけです。アメリカンエキスプレスカードのビジネスカードを保有するということは、金融面で、自分に信用がつくことを意味すると判断し、決めました。

(2)セゾンプラチナビジネスカードは主にどんなことで利用していますか?

ーー主に商品の仕入れをする際の決済カードとして使っています。私のビジネスモデルは、海外や国内から商品を仕入れて、それに利益を載せて販売する形となっています。

(3)セゾンプラチナビジネスカードのおすすめしたいところを教えてください

ーー良いところは、カードの入会申し込みをしたときに、決算書などの書類提出が必要なかったことです。煩雑な手続きが不要であった点は良かったです。おススメしたいところは、貯まったポイントをAmazonギフト券に交換できることです。

 

セゾンプラチナビジネスカードはコチラ

 

まとめ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、個人事業主や中小企業経営者に適したクレジットカードです。

付帯しているさまざまなビジネスサービスや、有効期限のない永久不滅ポイント、国内外の旅行の際に強みを発揮する特典などメリットが多いカードですが、年会費の高さや申し込み条件の厳しさなどデメリットもあります。

上手く使いこなせば事業運営や経費削減に役立つカードです。自分のビジネスに合うかを見極め、申し込むかどうか決めましょう。

 

セゾンプラチナビジネスカードはコチラ

TOPに戻る
お問い合わせ 電話する