【口コミ】楽天ビジネスカードの特徴など利用者の評判や審査、作る流れも紹介!

, 法人カード

【口コミ】楽天ビジネスカードの特徴など利用者の評判や審査、作る流れも紹介!

この記事を読むと楽天ビジネスカードの特徴やメリット・デメリット、利用者の口コミ・評判が判ります。
※2021年9月現在の情報です

楽天ポイントが貯まるお得なカード!
利用者の声も紹介しています

楽天ビジネスカードの
詳細はコチラ

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード画像

初年度年会費 13,200円(税込)※ 次年度年会費 13,200円(税込)※
国際ブランド VISA ポイント還元率 1~5%
利用限度額 ~300万円
(プレミアムカードと合算)
申込み対象 20歳以上で
安定した収入のある法人代表者
(会社登記上、代表権を有する方)
及び個人事業主の方

※楽天プレミアムカード年会費と合算した金額

楽天ビジネスカード
公式HPはコチラ

 

楽天ビジネスカードの特徴とは?

 楽天ビジネスカードの特徴とは?

楽天ビジネスカードとは、どのようなタイプのクレジットカードなのでしょうか。基礎知識やおすすめの理由を紹介します。

 

ビジネスをサポートしてくれるカード

楽天ビジネスカードは、ビジネスのさまざまなシーンで役立てられる、企業や個人事業主向けの法人カードです。IT大手の楽天グループが発行・運営しています。

年会費は2200円(税込)、国際ブランドはVisaのみです。ポイントシステムが導入されており、カード利用時に楽天ポイントを貯められます。

複数枚の楽天ETCカードを付帯できる上、ETCの利用で楽天ポイントを貯めることも可能です。さまざまなビジネスシーンに対応したサービスを受けられる『Visaビジネスオファー』も利用できます。

楽天ビジネスカードの
詳細はコチラ

 

作成に必要な楽天プレミアムカードとは?

楽天ビジネスカードは、個人カードである楽天プレミアムカードに付随する法人カードです。楽天プレミアムカードを保有していなければ、楽天ビジネスカードを発行できません。

楽天プレミアムカードとは、楽天が発行する個人カードです。年会費は1万1000円(税込)、国際ブランドはVisa・Mastercard・JCB・American Expressから選択できます。

最高300万円の利用限度額は、楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードの合算額です。空港ラウンジ利用や各種保険など、楽天プレミアムカードで受けられる特典は、楽天ビジネスカードでも利用できます。

楽天ビジネスカードを持ちたい場合、まずは楽天プレミアムカードの発行が必要です。楽天カードを持っている人は、楽天プレミアムカードとの併用ができない点に注意しましょう。

楽天ビジネスカードの
詳細はコチラ

 

楽天ビジネスカードがおすすめの理由

現金や個人カードで事業経費を支払っている場合、経費の整理に時間がかかりがちです。しかし、経費の支払いを全て楽天ビジネスカードで行えば、経費の整理が楽になります。

経費の支払いを一本化することで、振込コストを削減できる点もメリットです。精算業務の負担軽減や経費の見える化にも役立つでしょう。

楽天ビジネスカードの引き落としは1~2カ月後に行われるため、キャッシュフローの改善が可能です。資金繰りが厳しくなりがちなビジネスオーナーに適しています。

ビジネスをサポートするさまざまな特典が利用できる点も、楽天ビジネスカードをおすすめする理由の一つです。空港ラウンジの優待や旅行保険を利用できるため、出張の多い人は重宝するでしょう。

 

楽天ビジネスカードを利用している方の口コミやレビュー・評判を紹介!

クラウドソーシングで、当社独自のアンケートを実施しました。実際に楽天ビジネスカードを利用されている方の口コミやレビュー・評判を参考に申込みを検討してみてください。
※アンケート実施時期:2021年7月

個人事業主
40代 / 男性の口コミ・レビュー

(1)楽天ビジネスカードを知ったきっかけや決めた理由を教えてください

ーー友人が使用していて、従業員の交通費管理が楽になった話を聞いたのがきっかけです。また、妻が楽天ユーザーだった点も要因のひとつです。ETCカードを複数枚発行することができる点に魅力に感じました。交通費の管理と経費削減をしながら、ポイントを貯めることができるのが決め手になりました。

(2)楽天ビジネスカードは主にどんなことで利用していますか?

ーー主に従業員のETCカードとして使用しています。有料道路の割引にもなるので、それだけでも大きな経費削減になっています。

(3)楽天ビジネスカードのおすすめしたいところを教えてください

ーーETCカードを複数枚発行できるので、車の移動や高速道路をよく利用する仕事にオススメです。ETC利用の通行割引だけでも、かなり経費削減になります。また、社員の移動を把握するのにも役立つので便利です。

 

個人事業主
40代 / 女性の口コミ・レビュー

(1)楽天ビジネスカードを知ったきっかけや決めた理由を教えてください

ーーネットビジネスをおこなっている友達から「いいカードがあるよ」と教えてもらいました。楽天は楽天市場や楽天銀行でお世話になっているなじみのブランドだったので、気軽に申し込むことができました。

(2)楽天ビジネスカードは主にどんなことで利用していますか?

ーー”楽天ビジネスカードは次のようなシーンで使っています。

・遠方に取材に行くとき(交通費)

パソコンなどの周辺機器を購入するとき(経費)

これまでは現金払いをしていたのですが、やっぱりカード払いの方が明細が出るので年末調整をおこなう時に便利です。

(3)楽天ビジネスカードのおすすめしたいところを教えてください

ーー楽天ビジネスカードのいいところは、ポイントがつくということです。他のカードに比べて還元率が高いので、ポイ活している人にもおすすめです。

 

個人事業主
40代 / 男性の口コミ・レビュー

(1)楽天ビジネスカードを知ったきっかけや決めた理由を教えてください

ーーもともと楽天カードを利用していました。経費処理が見えやすくなり、明細が毎月インターネットでチェックできることが最終的な決め手でした。

もともと楽天グループを多く利用していたこともあり、法人口座を設けた際の経費の利用、振り込み等が見えやすくなることが1番のポイントになりました。

(2)楽天ビジネスカードは主にどんなことで利用していますか?

ーーまずは映像制作の機材やソフトを楽天市場で購入する際に利用しています。ポイントがつきやすいので非常にお得だからです。もう一つの利用は振り込みや経費をインターネット上で毎月チェックするために利用しています。最終的にはプリントアウトをして保管しています。

(3)楽天ビジネスカードのおすすめしたいところを教えてください

ーーインターネット上で明細がチェックできることなどはどのようなビジネスカードでも当たり前かもしれません。しかしながら、商品やソフトを調達する際にポイント付与率が高くなることを考えると一番大きなメリットになるのではないでしょうか。

 

個人事業主
40代 / 男性 の口コミ・レビュー

(1)楽天ビジネスカードを知ったきっかけや決めた理由を教えてください

ーーそれまでノーマルの楽天カードは持っていましたがそのお知らせで来る、楽天のメール広告で見て知りました。”年会費が安くて仕事で車を複数台使うのでETCカードが複数枚発行できるのは有難いです。

またカードデザインがシンプルなのも好感が持てます。

(2)楽天ビジネスカードは主にどんなことで利用していますか?

ーー専門的な機材などは問屋から購入することが多いですが一般的な音響機材などは楽天のポイントが魅力的なのでセールなどで仕入れ用として使用しています。

(3)楽天ビジネスカードのおすすめしたいところを教えてください

ーー楽天市場での使用だとポイントがザクザク貯まることです。また最近は飲食店などでも楽天ポイントが使える店が増えたので仕事で貯まったポイントは家族とのランチやディナーなどで消えています。

 

楽天ビジネスカードのメリット

楽天ビジネスカードのメリット

楽天ビジネスカードが持つ魅力を紹介します。代表的なメリットを確認し、発行を検討する際の参考にしましょう。

 

ポイントが貯まりやすい

楽天ビジネスカードのポイント還元率は1%です。一般的な法人カードの還元率は0.5%前後が相場となっているため、高還元率を実現しているといえます。

楽天市場で楽天ビジネスカードを利用すれば、還元率が最大5%まで上がります。事業で使う消耗品や家電は、カードを使って楽天市場で購入するのがおすすめです。

楽天ポイントは、楽天経済圏のさまざまなサービスで利用できます。交換率は『1=ポイント=1円』です。街のショッピングでも提携店で現金と同じように使えるほか、楽天EdyにチャージしたりANAマイルへ移行したりすることも可能です。

ポイントを有効活用すれば、事業経費の削減にもつながります。できるだけ多くのポイントが貯まるように意識して使うのがおすすめです。

 

ビジネスに役立つサービスが豊富

楽天ビジネスカードの大きなメリットとして、充実したビジネスサポートサービスが挙げられます。多彩なサービスが用意された『Visaビジネスオファー』を利用可能です。

Visaビジネスオファーでは、出張・接待・贈り物・ビジネスツール・オフィス設備など、ビジネスに役立つ幅広いサービスを優待価格で受けられます。上手く活用することで、経費の削減にもつながるでしょう。

楽天プレミアムカードの特典を事業に役立てられる点も魅力です。主要空港ラウンジの無料利用や、国内・海外の旅行傷害保険が付帯しています。各地を飛び回るビジネスオーナーにおすすめのサービスです。

\コチラもチェック!/
個人事業主クレジットカード

明細が分けられる

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードとは別の引き落とし口座を設定します。事業経費の支払いを楽天ビジネスカードに一本化することで、明細を個人の支出と分けることが可能です。

1枚の個人カードでプライベートと事業の支払いを行う場合、明細から事業用の経費を抜き出す作業はかなりの手間がかかります。経費の計上漏れにもつながりかねません。

明細を分けられれば、経費処理の作業負担を大幅に削減できます。経費がひと目で分かるようになるため、無駄な支出の把握にも役立つでしょう。

 

複数のETCカードを発行可能

楽天ビジネスカードを保有していれば、複数枚のETCカードを発行できます。年会費は1枚目が無料、2枚目以降は1枚につき550円(税込)です。

高速道路を頻繁に使うビジネスを展開している場合、従業員にETCカードを渡しておけば、交通費の管理が楽になるでしょう。ETCを使えば通行料金の割引を利用できるケースがあるため、経費削減にもつながります。

ETCの利用料金に応じて楽天ポイントを獲得できるのもメリットです。事業で高速道路を利用する機会が多い場合は、ザクザクポイントが貯まります。

 

楽天ビジネスカードのデメリット

 楽天ビジネスカードのデメリット

楽天ビジネスカードにはいくつかのデメリットもあります。発行後に気づいて困ることがないように、デメリットもしっかりとチェックしておきましょう。

 

分割払いができない

楽天ビジネスカードでは、分割払いでの決済ができません。1回払いしか選択できないため、高額な買い物をする場合は注意が必要です。

どうしても分割で引き落としてもらいたい商品があるなら、楽天プレミアムカードを使うとよいでしょう。楽天プレミアムカードは個人カードであり、個人カードは一般的に分割払いやリボ払いに対応しています。

ただし、楽天プレミアムカードで事業経費を支払うと、明細が別になるため支出の整理が必要です。経理処理を楽にするためにも、計画的な資金管理を意識した上で、楽天ビジネスカードを使うのがおすすめです。

 

キャッシング機能がない

現金を借りられない点も、楽天ビジネスカードのデメリットです。多くの法人カードと同様、楽天ビジネスカードにもキャッシング機能は備わっていません。

資金繰りが厳しく現金を用意したい場合は、楽天プレミアムカードを使えばキャッシングで現金を借りられます。利用する際はキャッシング枠に注意しましょう。

ビジネスを進める上で、手元に現金を残しておくことは重要です。法人カードを使えば支払いに現金を使う機会が減るため、キャッシュフローの改善に役立ちます。

 

利用限度額が楽天プレミアムカードとの合算

楽天ビジネスカードの利用限度額は、楽天プレミアムカードと合算して最高300万円です。楽天ビジネスカード単体での限度額ではない点に気を付けましょう。

楽天プレミアムカードを使った個人的な買い物での支払いが多くなると、楽天ビジネスカードで利用できる分が少なくなってしまいます。

最初から300万円の限度額が設定されるとは限らない点にも注意が必要です。最初の利用限度額は、カード発行前に行われる審査で決定します。カードを頻繁に利用し、期日を守った支払いを続けていれば、限度額は増えていくでしょう。

 

楽天ビジネスカードを作る流れ

楽天ビジネスカードを作る流れ

楽天ビジネスカードの申し込みから発行までの流れを覚えておきましょう。大まかな流れを知っておけば、スムーズに手続きを進められます。

 

申し込みに必要な書類

楽天ビジネスカードを申し込んでから5営業日ほど経過すると、返送用の書類が郵送で届きます。内容をよく確認し、必要事項を記入しましょう。

送られてきた書類と一緒に自分で用意した書類を返信用封筒に入れ、カード会社に返送します。返送後は審査後のカード発送を待ちましょう。

自分で用意する書類は、法人と個人事業主で異なります。両方に共通する書類は、運転免許証やパスポートなど、代表者の本人確認書類です。ただし、既に他の楽天カードを持っているなら、本人確認書類は不要になる場合があります。

法人が申し込む際は、6カ月以内の商業登記簿謄本、または3カ月以内の法人登記印の印鑑証明書が必要です。

 

インターネットで申し込み

楽天ビジネスカードはインターネットで申し込みを行います。公式サイトの申し込みボタンをクリックすれば、指示に従って手続きを進められます。

インターネットの申し込みなら、時間を問わずいつでも行うことが可能です。パソコン・スマホなどの端末とネット環境さえあれば、どこからでも申し込めます。

楽天には消費者向けの実店舗が存在しないため、店舗での申し込みはできません。カードの発行後は電話でもさまざまな対応をしてくれますが、申し込みは原則オンラインからとなっています。

 

審査に通過後カード発行

カード会社が必要書類の到着を確認できたら、カード審査に入ります。カードが届くまでの期間は、カード会社に必要書類が到着してから約2週間です。

既に楽天プレミアムカードを持っている場合は、一部の審査が省略されカードを早く受け取れる可能性があります。ETCカードを同時に申し込んだ場合、楽天ビジネスカードとETCカードは別送で届きます。

カード到着後にビジネスカードの情報を『楽天e-NAVI』で閲覧・管理するには、楽天e-NAVIでのカード追加登録手続きが必要です。手元に楽天ビジネスカードを準備し、楽天e-NAVI上での手続きを行いましょう。

 

楽天ビジネスカードの審査について

楽天ビジネスカードの審査について

楽天ビジネスカードの申し込み条件を確認しておきましょう。法人だけでなく、個人事業主でも申し込めます。

 

申し込みの条件

楽天ビジネスカードは、安定収入がある20歳以上の法人代表者または個人事業主が申し込めます。法人代表者の場合、登記上の法人代表者と申し込み者が同一でなければなりません。

楽天プレミアムカードを保有していることも申し込み条件の一つです。楽天プレミアムカードを持っていない場合は、楽天ビジネスカードと同時に申し込むことになります。

楽天ビジネスカードと楽天プレミアムカードは、それぞれで個別に審査が行われます。個人カードである楽天プレミアムカードでは、年収・職業・勤続年数など、個人の属性が重視されるでしょう。

 

個人事業主でも作れる?

楽天ビジネスカードは個人事業主でも作ることが可能です。20歳以上で安定収入があるなら、審査に通過する可能性は十分にあります。

楽天プレミアムカードと異なり、法人カードである楽天ビジネスカードでは、事業に関する項目も審査で重視されます。事業実績がしっかりしているに越したことはありません。

楽天ビジネスカードの引き落とし口座は、法人口座を設定するのが原則です。申し込みの際は、個人事業主が作れる屋号付き口座を準備しておくとよいでしょう。

 

楽天ビジネスカードの審査に通るコツ

楽天系のカードは審査基準が比較的緩めですが、必ず審査に通過するとは限りません。楽天ビジネスカードの審査に通過するためのポイントを紹介します。

 

借入の整理をする

クレジットカードの審査では、申し込み者の返済能力を判断します。申し込み時に他の借入がある場合、返済能力が低いとみなされて審査に落ちることもあります。

他の借入があるかどうかは、信用情報機関に問い合わせれば分かるため、自己申告でごまかすことは不可能です。できるだけ借入を整理した上でカードに申し込むのが理想です。

 

支払いを遅延しない

過去に支払いを遅延したことがある場合は、審査に落ちる可能性が高くなります。返済に関する個人の信用が大幅に低下するためです。

カードなどの遅延履歴も信用情報機関に登録されています。信用情報機関に登録されている金融事故履歴は、一定期間を過ぎれば消去されます。

しかし、楽天系カードでの事故履歴はカード会社に残り続けると考えられるため、過去に楽天系カードでトラブルがあるなら高い確率で審査に落ちてしまうでしょう。

逆に、楽天系カードでの利用実績や支払い状況が優秀なら、審査で有利に働きます。

 

会社・事業の信用度を上げる

法人カードである楽天ビジネスカードの審査では、会社や事業の信用度をチェックされます。法人格を持たない個人事業主であっても、信用度を上げられる工夫をできる限り行っておきましょう。

事業の信用度を上げる方法としては、事業に関するホームページを作るのがおすすめです。体裁を整えられるため、信頼のおける事業者だとみなされやすくなります。

携帯電話のみでビジネスをしているなら、固定電話も登録しておきましょう。固定電話番号をホームページの会社概要にも記載しておけば、信用度をより上げられます。

 

楽天ビジネスカードを作成する際のポイント

楽天ビジネスカードを申し込む際の注意点を紹介します。以下に挙げるポイントを押さえておけば、よりスムーズに申し込み手続きを進められるでしょう。

 

引き落とし口座の用意が必要

楽天ビジネスカードを作成するためには、引き落とし口座を別途準備する必要があります。楽天プレミアムカードと同じ口座は指定できません。

楽天ビジネスカードで用意を求められる口座は、原則として法人名義の口座です。ただし、個人事業主の場合は個人名義の口座を設定できます。

楽天ビジネスカードの口座登録は、楽天銀行の口座のみ、入会時にインターネットでの手続きが可能です。入会後に口座登録を行う場合は、金融機関にかかわらず預金口座振替依頼書の提出が必要となります。

 

キャンペーンを上手く活用して

楽天ビジネスカードや楽天プレミアムカードでは、新規入会キャンペーンを実施している場合があります。入会者全員にポイントをプレゼントするキャンペーンが主流です。

時期によってはポイントを大きく貯められる場合もあるため、上手く活用して申し込みましょう。キャンペーンで獲得できる楽天ポイントは期間限定ポイントです。

楽天ビジネスカードに限らず、楽天内のサービスでは頻繁にポイントキャンペーンを実施しています。公式サイトを小まめにチェックし、キャンペーンを活用しながら賢く貯めていきましょう。

 

まとめ

楽天ビジネスカードは、事業に役立つサービスが満載の法人カードです。1%の高還元率でポイントを貯めやすいことや、明細を分けられることなどのメリットも受けられます。

楽天ビジネスカードを発行するためには、楽天プレミアムカードも作らなければなりません。審査に通りやすくなるコツを実践した上で、便利に活用できる楽天ビジネスカードを申し込んでみましょう。
 
 

TOPに戻る
お問い合わせ 電話する